2017年08月29日

「国際宗教の自由報告書」に佐賀大学の裁判

家庭連合のホームページによると、米国国務省が世界各国の宗教の自由についてまとめた「国際宗教の自由報告書」の2016年版に佐賀大学の裁判についての記事が掲載されたそうです。

この裁判とは、佐賀大学の准教授が家庭連合の信仰を持つ元学生に侮辱的な発言を繰り返したことについて、元学生及び元学生の両親が信仰の自由と名誉感情を著しく侵害されたとして損害賠償を求めて佐賀大学及び准教授を訴えた裁判です。

最高裁判所判決も終わり、佐賀大学の損害賠償支払いが確定しています。この事件を受けて、佐賀大学は准教授に対して停職6か月の処分となりました。

この報告書は過去、拉致監禁問題も取り上げています。
posted by 寅さん at 21:12| Comment(0) | 佐賀大学裁判 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

九州北部豪雨災害

平成29年九州北部豪雨災害において被害にあわれた皆様に心よりお祈り申し上げます。また、1日でも早い復興が成されることを心よりお祈り申し上げます。

今回の豪雨災害について、私も仕事の関係で状況調査等で
現地の様子を拝見しました。

私が行った場所は甚大な被害がある場所ではありませんでしたが、
護岸の崩壊や流木がところどころで見られ、橋や堤防が
崩壊しているなど、自然災害の恐ろしさを改めて感じています。

国土強靭化で災害に強い、被災を遅らせる対策を国が行って
いますが、こうしたハード面以外にも、避難対策や避難指示等
のソフト面も加えた行動をしない限り、被害を最小限に食い止める
ことができないことがわかりました。

世界平和統一家庭連合では、平和ボランティア隊「UPeace」を
立ち上げて、東日本大震災以降、被災地におけるボランティアを
実施しています。今回の豪雨災害でもボランティアを行う予定
であることがホームページにも記載されています。

これから秋雨前線や台風の季節ですのでまだ気を緩めることができませんが、
一日でも早く復旧されること、また、復旧作業が毎日安全で進められることを
心からお祈り申し上げます。
posted by 寅さん at 18:22| Comment(0) | 防災 | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

九州の防災

梅雨の季節が近づいてきました。
大雨になると、浸水や河川の氾濫、土砂災害などに
気を付けたいところです。

防災として、河川の整備やポンプ整備などハード面においても
各行政で行われています。最近の災害はハード面だけでは
対応できないほどの激甚災害が発生していますので、
ソフト面(避難準備・避難ルートの確認・訓練等)においても
十分に備えることが求められています。

九州の災害については、九州防災ポータルサイト
が詳しいですので、ブックマークをお勧めします。
posted by 寅さん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | 更新情報をチェックする